子持ち看護師 転職 クリニック

子持ち看護師として復職したい!クリニックってどんなところ?

転職や復職活動の際、高給与・高待遇の条件で求人をしているクリニックに目が行く人はいるでしょう。「こんなに給料がもらえるの?本当かなあ。」と疑問視しながらも、魅力を感じて問い合わせをする人はいると思います。

 

子持ち看護師の条件として、残業なし・夜勤なし・土日休みということがあります。クリニックはいずれの条件も満たしていると、求人を見て思う人がいると思います。確かに夜勤はないかもしれませんが、日勤でも朝10時から19時までというような、病院勤務とは違う時間帯で設定されています。

 

また、残業なしといっても、実際はサービス残業があるというケースもあります。クリニックはシフト制でないので、残った仕事は自分がしなければならず、翌日の準備や雑用も含めて残業をしても報酬には結びつかないのが現実です。

 

それと、クリニックは個人経営のため、経営に関して敏感です。少人数で大勢の患者を診ようとするので、一人当たりの業務負担が大きくあれこれしなければならないと感じる人もいます。アットホームな雰囲気ではありますが、働いてみると結構大変だと思うかもしれません。

 

技術面ではクリニックによりますが、専門性が高められることもあります。採血や点滴に自信があれば、クリニックで経験値をより高めることができます。

 

 

クリニックで働くメリット・デメリット

クリニックのメリットはなんといっても高給与ではないでしょうか。特に美容外科クリニックは儲かるので、高給与のところが多いです。

 

また、日勤のみのところが多く、生活リズムがつけやすいことも魅力的です。子持ち看護師にとって生活のリズムをつけることは、家族のためにも大切であることから、日勤のみという勤務形態は助かりますね。

 

さらに、クリニックは少ないスタッフで構成されているので、チームワークが重要になります。お互いに気を配りながら仕事をしていくので、スタッフ同士が仲良くなることが働きやすさにかかわってきます。先生を含めてスタッフ同士が家族ぐるみの付き合いになることもあります。病院では経験できなかったことが、クリニックでは経験できます。

 

一方デメリットは、仕事内容が大変な場合もあるということでしょう。少人数のスタッフで大勢の患者を診ていくときに、患者への対応でおわれながら、受付業務や雑用までも看護師が請け負うので忙しい時間帯では辛く感じるかもしれません。イメージとは違うという感想を持つ看護師もたくさんいます。

 

患者の中には、待ち時間にイライラすることもあり、コミュニケーション力や接遇面で優れていないとストレスに感じ問題になることもあります。クリニックは地域に密着しているので、評判が大事です。看護師の対応について悪い評判が広まらないように気を付けているので、対人関係がうまく築ける人が向いていると思います。

 

また、子持ち看護師が少ないクリニックでは、子供の急な発熱や学校行事などに対する理解がなく、休みづらいことがあります。少人数のスタッフで仕事が回っているので、一人一人の役割がとても大事になるクリニックでは、急な休みがほしい時、お互いに連絡を取り合って欠員に対応するという必要が出てきます。子持ち看護師がいるクリニックならば、ある程度理解されやすいので融通が利くこともありますが、そうでない場合もあるので転職や復職の際はよく調べる必要があります。

 

休日は固定休が基本的です。クリニックによっては土日休日はなく平日休みの場合があったり、休診日が週一日となっている場合があります。大型連休を取りたくても希望通り取れないことがあります。

 

 

クリニックで働く前に条件や働きやすさなどをよく確認しましょう

クリニックへの転職や復職を考える際には、情報収集をきちんと行いましょう。子持ち看護師がどのくらい働いているのか、スタッフは何人で患者数は平均何人かということをまず確認しましょう。

 

そして、教育制度があるのかどうかを確認します。クリニックでは入職した時点で戦力としてみなされます。点滴や注射が多く、スキルがあれば重宝されるでしょう。少人数で回っているクリニックでは、教育を行う時間がない場合があり、お互いが忙しくて相談できず、慌ててしまうこともあります。

 

よって、どの程度のスキルが必要かということを確認しておくと良いでしょう。基本的なスキルがあれば採用される場合があります。不安な人は、自分の経験とスキルをきちんと説明し、慣れるまでは業務調整をしてほしい旨を伝えてみると良いでしょう。

 

クリニックの中には、高給与に条件が付いていることがあります。月収30万以上という条件で入職したのに、現実はノルマがあり、出来高制だったなんて言うこともあります。患者の接客の際に、予約が取れるか、経営に貢献できるかによって給料に差が生まれるということもあり、注意が必要です。

 

あとは、子持ち看護師でも継続して働けるような制度があるかどうかということです。クリニックによっては、時短勤務を採用しているところもあります。19時や20時退勤ではなく、17時に早退して子供のお迎えに行くことができる職場もありますので、子育て支援があるのかどうか確認してみましょう。

 

 

条件を満たすクリニックはあるの?転職の際のお勧めは?

月収30万・夜勤なし・残業なしという広告に取りつかれ、すぐに電話をするのはやめましょう。電話だけで「明日から来てください」といわれて、実際行ってみると、ぼろぼろのビルの中の薄暗い一室にクリニックがあったということもあります。転職や復職の際は、自分の目で確認することと内部の実情を調べることが重要です。

 

「内部の実情についてどうやってしらべるの?」と思うかもしれませんが、今はインターネットの転職サイトで調べることができます。転職サイトに登録すると、アドバイザーが担当してくれて、自分の条件に合ったクリニックを探してくれます。また、クリニックでの内情についても調べてくれるので、心強いです。自分で現地に行って実際に見てみることも大切ですが、このように転職サイトを利用することもお勧めです。

 

もし、クリニックで働いている友人や知人がいれば聞いてみるのも良いでしょう。

 

 

クリニックは下調べが肝心

仕事と家庭の両立をするためには、自分の条件が何なのかをよく家族と相談して、外せない条件を吟味することが大切です。

 

求人は雑誌や、広告、インターネット、ハローワークなど様々な形で行われています。時間がない時や、余裕がない時に手っ取り早く見つけた求人情報を見て、「高給与!土日休み!いい条件だ!」と飛びついてしまうと、失敗する可能性が高いです。働いてみてから「こんなはずじゃなかった」と後悔することがあるので、よく調べることが重要になります。

 

クリニックでは、大病院のように組織の一員というよりは、アットホームな雰囲気なので個々のかかわりが深くなりやすいです。院内での個人の存在価値は大きくなると、負担感も大きくなるので、子持ち看護師がほかにもいる環境であることがベストです。子育てにおけるいろいろな事情について理解があるかどうかは、働きやすい職場の重要なポイントになりますので是非調べておきましょう。

 

自分がきちんと働けるという確証を得てから、働けば長く継続してクリニックでも活躍できるはずです!

 

子持ち看護師,転職,クリニック,特別養護老人ホーム

子持ち看護師として働くポイントを見てみる



「子持ち看護師の転職ナビ」TOPに戻る