子持ち看護師 転職 美容外科

子持ち看護師として復職したい!美容外科ってどんなところ?

一般的に言われている美容外科は、美を目指す外科的な治療のことを言います。女性ならば、「きれいになりたい」と思い、プチ整形したりすることがあるでしょう。美容外科は美を目指す人が、目元を整形したり、フェイスラインを整えたり、若返り術といわれる様々な手法や、バストアップ、脂肪吸引などを行います。時代によって流行もあります。

 

日本では、医師免許があれば美容外科医として働くことができます。キャリアに関係なく美容外科医として働くことができるので、顧客は医師の経歴を見て選択しています。つまり、美容外科医としての経歴が長いほど、顧客が集まる可能性が高いということです。ホームページを見ると、経歴が掲載されていることがほとんどなので、確認してみましょう。

 

美容外科の施術は病気の治療と異なるため、健康保険は適用されないことがほとんどです。ただし、腋臭の治療などは保険適応になります。保険が適用されないと、全額自己負担になるため、客にとってはかなりの負担額になると思います。保険適応の場合は、治療優先になるので、傷跡をきれいにするなどの美を目指すことは優先されません。

 

美容外科によっては、自由診療による利益を求めるがゆえに不適切な薬剤を使用したり、医薬品を使用することがあり問題視されています。また、中には高額な価格設定で施術をしたり、低価格を売りにして集客する商法も問題視されているので注意が必要です。
治療や手術は一人一人の責任で決断し施行することが大切です。

 

日勤のみで30万円以上/美容外科求人ガイド

 

 

美容外科で働く看護師の条件

美容外科と聞くと「容姿がきれいじゃないと働けないのかな」と思いませんか?
でも実際は、それほど容姿にこだわっているわけではないようです。

 

ただ、美に対する関心は必要です。化粧をせずにすっぴんで働くことはできません。太っていたり、肌が荒れていたりすると患者に手術を勧められませんよね。

 

私の知り合いに美容外科クリニックで働く看護師がいます。彼女は就職時面接で、経験年数を聞かれ、「1年です」と答えたところ、厳しい表情を面接官にされたそうです。

 

美容外科で働くには、新卒や経験が浅いと難しいくらい、処置ができる技術がないと難しいとされています。売上重視の業界なので、就職後すぐに戦力になるような人材をほしがっています。よって、基礎知識があり、覚えが早く、柔軟な対応ができる人材が求められます。たくさんの客を短時間に接客し、安全に施術することが重視されるわけです。

 

また、接客業なので、清潔感のある看護師を求められます。メイクが派手すぎたり、香水の香りがプンプンするなど、品を損なうようなことはタブーです。人と関わることが好きで、臨機応変に動ける人は向いていると思います。美に対して関心があれば、患者の気持ちに共感できるので接客をうまくすることができるでしょう。

 

経歴は2〜3年は看護師としての経験があった方が良いでしょう。オペ室勤務経験があれば手術を主とする美容外科クリニックでは重宝されます。注射や点滴も必要なスキルとして条件提示しているクリニックがあります。

 

 

美容外科クリニックで働くメリット・デメリットは?

求人サイトなどの情報を見ると、高給高待遇と認識できる美容外科クリニック。実際でも給料は良いですが、ボーナスが低いところがあります。

 

また、中にはノルマがあり、成約が取れると報酬が入るという場合もあります。個人個人によって収入の格差が出ることもあり、成約が取れる看護師はベテランが多いのが実情です。なぜなら、患者との信頼関係ができており、担当している患者からの紹介や人脈で制約がとりやすくなっているからです。もし、美容外科クリニックで働くなら、長く働き続けることをお勧めします。

 

ノルマがあるとは知らなかったということもあります。求人広告や、情報誌ではわからない内情があるので、事前によく調べる必要があります。接客の際、美容に関することを患者に伝えながら「成約を取らなきゃ!」という思いが強くなり、利益を優先する思考に変わっていくことで「こんなはずじゃなかった」と思うこともあるでしょう。

 

勤務形態は夜勤がないので、子持ち看護師には助かります。出勤が10時等比較的遅めで始まり、退勤が20時前後になる勤務形態があります。少人数で経営しているので、スタッフ同士アットホームな雰囲気で働くことができます。中には院長を含め、家族ぐるみの付き合いをするクリニックもあり、大病院ではできなかったことが体験できます。

 

子持ち看護師がいるクリニックでは、急な休みにもお互い連絡を取り合いながら助け合っています。若い独身看護師ばかりの職場では、急な休みに理解されないことがありますので、事前に子持ち看護師がどのくらい職場に居るのかを確認しておくと良いでしょう。子持ち看護師は子供のお迎えや行事で仕事に影響が出やすいので、子育て支援を導入している美容外科クリニックもあります。時短勤務で働き、子供のお迎えに行っている子持ち看護師がいるので、面接時や問い合わせ時に確認してみましょう。

 

美容外科クリニックでは注射や点滴などの技術が必要な場合もありますが、条件を課さないところもあります。ブランク看護師でも歓迎している場合があり、接客ができれば大丈夫なところもあります。人と接するのが好きな人や、美意識のある人、また、技術を向上させたい人には向いているでしょう。ただ、繊細な作業が多いので、器用な人が向いているかもしれません。看護業務だけでなく、事務的な雑用もこなさなくてはならないので、忙しいと感じることもあります。

 

美容外科クリニックで働くと、自分もきれいになりたいと脱毛したり、プチ整形したりすることもあります。そのようなときに、格安で施術ができるというメリットがあります。きれいになると、クリニックの顔としてさらに評判が良くなることもあるでしょう。

 

日勤のみで30万円以上/美容外科求人ガイド

 

美容外科クリニックで働くおすすめポイントは?

美意識が高い人なら、クリニックで働くことでさらに美への追究心が養われよりきれいになれるでしょう。実際美容外科クリニックに勤める看護師はきれいな人が多いです。「あの人キレイだな」と思う看護師の年を聞いて驚くこともあります。

 

また、報酬があるところは収入がアップすることができます。長く勤めれば勤めるほど成約数が増えることがあるので、報酬につながります。

 

看護面では、技術のスキルが向上できるでしょう。繊細な作業が多いので器用な人ならより一層技術を磨くことができます。

 

そして、夜勤がなく日勤のみの勤務形態なので生活のリズムがつけやすく、計画的に毎日を送ることができます。子持ち看護師は家庭を守る役割も持っているので、家族が犠牲にならないように仕事をしていきたいですよね。

 



 

 

美容外科クリニックできれいになりながら働くことで生き生きできる!

子持ち看護師は家族のことに目を向けていることで、自分のことはつい後回しになりがちです。

 

要は女性の永遠の課題ではないでしょうか。

 

美容外科クリニックで働くことで、患者とともに美に関して追及するとともに、時には自分自身の美への追究もできるでしょう。子供に自慢されるきれいなお母さんにもなれる機会が与えられている職場で、活躍してみるのはいかがでしょうか?

 

子持ち看護師,転職,美容外科,特別養護老人ホーム

子持ち看護師として働くポイントを見てみる



「子持ち看護師の転職ナビ」TOPに戻る