子持ち看護師 転職 特別養護老人ホーム

子持ち看護師として復職したい!特別養護老人ホームってどんなところ?

特別養護老人ホームとは、自宅での生活が困難な高齢者が入居するための施設です。

 

地方公共団体や社会福祉法人などによって運営されています。公的なので、民間の企業が運営する有料老人ホームより利用料金が安いので、利用する人が多いです。高齢化社会で老老介護が課題とされる今は、自宅での介護が難しくなる場合が多く、介護制度を使って施設入居することになります。利用料金は、要介護認定のレベルによって異なるのですが、介護保険が適用されるので、低料金で利用することができます。

 

入居条件は65歳以上で、要介護認定を受けた高齢者になります。また、自宅での介護が困難な場合で要介護度が高ければ高いほど入居しやすくなります。逆に、自立した要介護度の低い高齢者は入居しにくいのが現状です。

 

看護師として働くためには、一言高齢者といっても、どのような自立度の高齢者なのかということを知っておく必要があります。施設内は、基本的に二人〜四人部屋が多く、日中はデイルームで体操や雑談、ゲームなど共同生活をして利用者は過ごします。入居するだけでなく、短期入居サービスやデイサービスも行っているのも特別養護老人ホームの特徴になります。

 

 

特別養護老人ホームでの看護師の仕事内容は?

施設利用者の健康管理や、経過観察、他職種との連携が看護師の役割になります。まず、施設利用者への問診や血圧測定など、一人一人の健康状態を把握することが重要になります。そして、医療者の視点から経過観察をし、利用者の細かな変化に気づき、対応します。高齢者は急に容態が変化することがあるので、柔軟に対応できるスキルが必要になります。

 

さらに、委託医など他職種との連携をします。施設利用者の状況把握し、適切に伝える重要な役割があります。そのうえで、利用者の診察や服薬管理を医師とともに行ったり、容態が急変したときは医師に指示をもらって迅速に対応します。

 

看護師の具体的な仕事内容は、毎日のバイタルサイン測定や服薬管理、点滴、インシュリン注射、胃ろうの管理、尿カテーテルの管理、ストマの管理などです。また、介護スタッフが困ったときの相談を聞いたり、医師との連絡業務、オンコール体制時の対応、施設利用者が病院受診必要なとき、施設外診療の補助をします。

 

特別養護老人ホームは介護度が高い高齢者が多いので、食事介助や入浴介助をすることも多く、看護師の判断が重要になります。施設によっては、看護師が看護だけを行う施設もあれば、介護業務を多く行う施設もあります。スタッフの数も介護職員が多いので、看護師としての業務よりも介護業務に追われてしまうことで葛藤する人も少なくありません。

 

 

子持ち看護師が特別養護老人ホームで働くメリット・デメリットは?

特別養護老人ホームは夜勤がある場合と日勤のみの場合があり、子持ち看護師としては日勤のみで働くパターンが多いです。介護士は夜勤があっても、看護師はないというところがおおく、子持ち看護師としては助かる勤務形態になっています。

 

収入面では日勤のみでは平均月収25万円前後、パートでは時給1800円程度です。家庭と仕事を両立しやすいということで、子持ち看護師から選ばれる職場になっています。

 

また、特別養護老人ホームは利用者一人一人に向き合った看護ができます。病院のようにバタバタすることはないので、処置に追われることがなく、食事や入浴、排せつなどの生活全般的にかかわることができます。人生の最期を迎えることになる高齢者も多く、その人を看取ることができるという尊い役目を果たすことでやりがいを感じることができます。

 

さらに、要介護の程度が上がれば上がるほど、看護の必要性が高まります。食事形態はどうするのか、点滴内容についてどうするのかなど、施設の責任者や家族と決めていくことが重要になります。医療処置は少ないのですが、医療者の視点で判断し、連携を図っていくということが必要になります。

 

特別養護老人ホームの看護師は、介護の仕事も求められるので葛藤が起きることがしばしばあります。また、施設によっては医師がいない状態があり、医療に関する責任は重大になります。利用者の健康状態を把握して、必要に応じて的確に判断しなければならないので責任の重さに負担を感じる人もいます。新人看護師では判断が難しい場合があるので、臨床経験をある程度積んだ方が困らないのではないでしょうか。

 

特別養護老人ホームで働く看護師はスキルアップという面では難しいのが現実です。病院のように、進歩する医療技術に関する勉強会をすることはほとんどありません。介護職者と看護に関する意見交換は行われたりはしますが、介護職の技術向上のためのことが多いです。そのため、特別養護老人ホームで長く勤めていると、病院へ転職することが不安になる看護師もいます。

 

施設によって違いますが、介護職や作業療法士と一緒に入居者の生活をサポートすることになるので、業務分担ができないとストレスに感じることがあります。私の働く職場では、介護職が多く、看護師の視点で判断したこととは違った独自の視点で行動をする人もいて、コミュニケーションの大切さを感じています。

 

 

特別養護老人ホームで働く条件とは?

施設によって、夜勤はないが、オンコール体制である場合があります。そんな時、困ることがしばしばあります。例えば、どこもけがをしていないのに転倒したのでコールした、微熱があるのでコールしたなど介護職にとってわからないことが、看護師には経過を見ても大丈夫だとする認識の違いがあります。看護師であれば、日勤帯でも遅くないのにと思うことでも介護職にはわからないことが多いのです。

 

いつこのようなコールが来るかわからないということが、精神的な負担になることもあります。子持ち看護師として働く場合は、自分に勤められるか、オンコールがない施設を検討することをお勧めします。

 

 

働きやすさやおすすめポイントは?

特別養護老人ホームは長期利用者が多いので、じっくり一人一人と向き合える環境です。

 

子持ち看護師やブランク看護師でも、日勤のみの勤務形態で処置が少なく、じっくり看護を展開できます。残業がなく定時に帰れるところが多いので、生活リズムをつけやすく働きやすい職場であるといえるでしょう。

 

転職する際は、施設の利用者について具体的ではなくても介護度がどのくらいの人が多いのかを聞くと、どのような看護が必要とされているかがわかると思うので調べてみましょう。また、施設の規模についても調べてみることをお勧めします。看護師一人で判断をくだすような状況だと、責任の重さに負担感を覚えてしまいますよね。医師や看護師、施設職員との連携がとりやすい環境なのかどうかを事前に確認しておくと良いでしょう。

 

「内部の事情については、よくわからないしどうしたらいいのかわからない」といった場合は、転職サイトを利用して聞いてみるとアドバイザーが親身になって答えてくれるので活用してみることをお勧めします。

 

子持ち看護師として仕事と家庭の両立をはかれる職場は、介護施設にあるといえます。じっくり看護ができる環境と、自分に合った条件の特別養護老人ホームで働いてみるのも良いのではないでしょうか。

 

子持ち看護師,転職,特別養護老人ホーム

子持ち看護師として働くポイントを見てみる



「子持ち看護師の転職ナビ」TOPに戻る