子持ち看護師 転職

どんな子持ち看護師になりたいか

仕事で疲れてやっと家に帰ったのに、家に着けば家事や、子育てが待っている・・・、という生活をどう思いますか?

 

家庭と仕事の両立できてて、すごいと憧れるでしょうか?
それとも、考えただけでぞーっとするでしょうか?

 

言うことを聞かない子供に叱ってばかりでイライラする、旦那にイライラをぶつけてしまい自己嫌悪に陥るなど、精神的に不安定になりそうです。

 

仕事に満足していても家庭に影響を及ぼすようなら、両立できているとは言えないし、いつか家庭が崩壊する恐れがあります。
子供を育てる母として、愛をたくさん注いであげたいですよね?

 

そのためには、精神的な余裕を持つ必要がありますが、仕事をしながら余裕を持った子育てなんてできるのでしょうか?

 

子持ち看護師の居場所はどこ?

子持ち看護師は、子供の病気で急な休みを取らなければならなかったり、家族の行事で休みを長めに取りたかったりする時があります。その度に、看護師長にお願いに行き、周りのスタッフに伝わり、「子持ちだから大変よね」とは言ってくれるものの、冷たい視線を浴びてしまうとことがあります。次第に、肩身の狭い思いをしながら、気を遣って働くことにストレスを感じやすくなって仕事に対する意欲が減退してしまいます。

 

大病院はスタッフの数が多いので、一人一人の存在自体が薄れる傾向があります。だからといって、少し休んでも迷惑にならないかというとそうではなく、逆に簡単に休めないことの方が多いです。

 

なぜなら、多くのスタッフを管理している立場としては、一人欠けてしまう状況になると、ほかのスタッフで何とか補えないかと考えますが、それに伴い勤務変更を大幅にしなくてはならなくなり、手続き上面倒になるからです一人のわがままを受け入れてしまうとほかの人のわがままも聞いてあげなくちゃいけないということになるので、管理者としてはなるべく休んでほしくないと考えて、事務的に処理されるのが一般的なのではないでしょうか。

 

また、大病院は患者の数が多い分、処置や検査、ケアが多くなります。すると仕事の内容が体力的につかれるほど濃いものになります。

 

このような仕事内容をこなせるのはフットワークの良い若者か、判断力のあるベテラン看護師が的確になります。仕事が勤務内に終わらず残業したり、勉強会があると勤務時間以外に病院に残ったりするので、子育て中の立場としては時間的に余裕や体力がなくなってしまいます。

 

次第に子持ち看護師は続けられないと感じるようになるでしょう。

 

 

それでは、小規模病院はどうでしょうか?

 

患者やスタッフが少ないので、アットホームな雰囲気で仕事ができます。処置の数も大病院に比べると少ないので、ある程度はゆっくりと過ごせるかもしれません。しかし、小規模病院であっても急性期なら、変化が多いので大規模病院と変わらす忙しくなります。だから、小規模病院なら急性期ではない職場の方がよいかと思います。

 

また、小規模病院は子持ち看護師が急な休みを取りたくなった時、取りにくいのではと思われがちですが、意外と取りやすかったりします。なぜなら、スタッフが少ないため調整しやすいからです。スタッフ同士で直接勤務調整できる場合もあります。

 

 

子持ち看護師って実際どんな職場が多い?

私は大規模病院で働く子持ち看護師でした。

 

大規模病院は、仕事中子供を預けられる院内保育があり、出勤も退勤も子供と一緒にできるというメリットがありました。また、病児保育もあったので元気だけど咳が出るなどの症状があっても、預けて経過を見てくれることがありました。急に休みたくてもなかなか休みがとりにくい環境ではとても助かるなあと思いながら仕事をしましたが、子供が小学生になり一人で学校に行ったり来たりするようになると、何かあってもすぐに対応できる環境ではなくなりました。

 

子供が小さいうちは院内保育のある病院で働く方が安心かもしれませんが、保育園児までという期限付きになりそうです。

 

実際私の働いた大規模病院では、子持ち看護師はとても少なく、院内保育に預けている子は5人程度でした。また、子持ち看護師としてしばらくは働いていた人もしばらくすると辞めていく状況でした。

 

子持ち看護師として働くために適した環境は、子供が小さいうちは保育施設があることではないでしょうか。また、子持ち看護師が自分以外にも働いていることが家庭の事情を理解されやすいので働きやすい職場といえます。

 

さらには、時短勤務などの調整ができる職場だと、まだ子供が小さいうちは早めに仕事が終われるように配慮してくれます。福利厚生がしっかりしている施設にはこのような制度がありますので参考にしてみるとよいでしょう。

 

 

子供の年齢と働きやすい職場は違うの?

子供が小学生になると、低学年のうちは帰宅時間が早かったり、登下校の道がよくわからなかったりと何をするにもまだまだ一人では難しい時期です。

 

そして、学校ではPTAの行事で昼間から学校に行って打ち合わせをしなくてはいけなかったり、授業参観や面談があったりと何かと学校に行く用事があります。

 

働くママたちは学童保育を申請して、保育園の延長のように放課後6時まで児童館などの学童クラブに預けています。子供を預けることができれば仕事しやすくはなりますが、子供の体調不良には休みをとらなければいけなくなります。子供の数が多ければ多いほど、急な休みが多くなるので、そんな状況にも対応できる病院がベストになります。

 

小学校の中学年や高学年になると、自分のことはある程度自分でできるようになり、放課後塾通いになる子もいます。家族がそれぞれの場所で各自の責任で過ごせる時期になるので、時短勤務から通常勤務に切り替えて働く人もいます。このように子供の年齢に合わせて職場での働き方を変えていく必要があります。

 

子持ち看護師として長く働くためには、働きやすい職場で子育てに影響の少ない条件を満たした職場を早く見つけることが大切です。

 

 

転職で余裕を持った子育て生活を!

職場環境は家庭環境にも影響します。疲れて家事ができない、子供と向き合えないなど家族が犠牲になるような状況であれば、転職しましょう。

 

転職のポイントは自分の条件に合っているか妥協せずに吟味することです。

 

子持ち看護師として同じ職場で働き続けることは、看護師としてのキャリアを積むこともできるし、仕事に慣れる分さらに働きやすくなります。また、スタッフ同士の交流も増えて、子持ち看護師が多い環境であれば、子育てについての情報を得ることもできます。仕事と家庭の両立は簡単なことではありませんが、子持ち看護師は幸い働けるような環境が用意されています。

 

私が転職できて子持ち看護師として働き続けられるのは、家に帰っても子育てできるように勤務条件を一つ一つ見つめなおしたことが始まりでした。転職は勇気がいるし、気力体力も必要になるので、抵抗感があってなかなか踏み切れずにいましたが、今思えば早く決断すればよかったと思います。

 

面倒くさがりな私でも意外とたやすく転職できたので、子持ち看護師として働きたいという熱意があれば、どんな人でも条件に見合った職場を探すことができると思います。

 

子供にとって母親との時間はかけがえのないものです。条件に合った職場を見つけて充実した子育てライフを送りましょう!

 

子持ち看護師,転職,職場,特別養護老人ホーム

子持ち看護師として働くポイントを見てみる



「子持ち看護師の転職ナビ」TOPに戻る