子持ち看護師 転職 訪問看護師

子持ち看護師として復職したい!訪問看護師の役割とは?

子持ち看護師が訪問看護師として働くことについて書いていきます。

 

看護師の役割は時代の流れで少しずつ変わってきています。少子高齢化が進み、高齢化社会の中で必要とされることは、看護と介護の協働ということです。病院で入院するほど治療しなければならない状態ではなく、通院治療で十分な場合に自己の健康管理が重要になります。一人暮らしの高齢者は健康管理が難しい場合が多いので、訪問看護の必要性が出てきます。地域に根差した看護を提供すべく訪問看護師の需要は高まってきています。

 

訪問看護師の対象者は、在宅での療養を希望している人です。要看護と認められた人に対し、訪問看護師は医師の指示のもと看護を行うことになります。対象者の健康管理を主に行う役割があります。

 

仕事内容は、すべて医師の指示の下で定められ、医療処置や医療機器の管理と指導を行います。例えば、カテーテル交換や消毒、注射、点滴、血糖測定などがあげられます。ターミナル期の緩和ケアも行います。対象者の健康状態をまず把握することから、医師の指示の下で必要に応じて健康指導を行います。

 

また、対象者の生活をサポートすることも役割の一つです。日常生活に必要な食事、排せつ、清潔など、対象者が生活の質を保つことができるように支援します。対象者は身体的な疾患もあれば精神的な疾患もある状態です。対象者の状況に合わせて必要な支援を行えるように、医師との連携を図りながら行います。対象者だけではなく、家族に対しても必要に応じて指導を行います。いつでもSOSが出せるように、訪問看護師は地域の窓口として対応していく必要があります。

 

 

訪問看護師として働くメリット・デメリットは?

地域に住む要看護の対象者は様々な疾患を持っています。訪問看護師は多岐にわたり看護をしていくことになるので、様々な知識と経験がなければ難しいと感じることがあるでしょう。病院とは違い、お宅訪問になるので、必要な医療器具は整っていない中で、そのお宅に応じた方法で看護を提供できるようにしていきます。臨機応変にそのお宅での物資を有効活用できる機転が必要になります。看護師としてのスキルや経験が生かせる職場といえるでしょう。

 

訪問先では医療処置として、淡吸引や褥瘡処置、服薬指導など行いながら、嚥下訓練や呼吸訓練、栄養指導、機能回復に向けて入浴や排泄などのケアも行います。対象者の生活の場で行う看護は、お互いの距離を縮め、信頼関係につながりやすいです。家族からも、信頼を得やすく、一番近い医療者として相談されやすい立場にあります。

 

そのような中で、掃除が行き届いている家もあれば、ゴミ屋敷のような状態の家もあります。対象者の生活の場に直接足を踏み入れるので、お互いに気を遣います。「実際行ってみたら、部屋がぐちゃぐちゃで足の踏み場もなかった。」ということもあります。夏場は食べ物が腐敗しやすく、処置の前に環境を整えることから始めることもあります。対象者にとっての療養環境を整えるのも訪問看護師の役割なので病院とは違った体験をすることができます。

 

在宅で過ごす対象者の中には、治る見込みのない人もいます。それでも、「家に帰れてよかった」と感じながら、家族とともに生活しているのを見ると、やりがいを感じるでしょう。ターミナル期のケアを通して、振り返ったときに、「家で看取ることができて良かった」と療養できたことに感謝する家族も多くいます。このように、訪問看護は対象者や家族の生活に合わせて看護ケアを提供していくことができます。

 

精神疾患の対象者の場合は、服薬管理や健康管理が重要な看護ケアになります。他者とのかかわりが難しい状況は地域から孤立してしまうことにつながるので、対象者が地域の中で疾患と向き合いながら生活できるように支援していくことが必要になります。精神疾患は身体的には異常がないため、病状の変化が分かりづらいです。そのため、変化に気づける観察力とコミュニケーション力が必要になります。

 

訪問看護師は1日3〜5件の訪問看護を行います。朝、打ち合わせをした後、1件につき30分〜60分程度で順番に訪問していきます。事業所にもよりますが、訪問範囲によって交通手段が違っており、電動自転車や車を使います。天気のいい日は気持ちも晴れやかに仕事ができますが、悪天候の場合は大変です。

 

訪問が終わると、残業はほとんどなく定時で帰ることができます。子持ち看護師には家庭との両立が図りやすく、生活リズムがつけやすいと感じるでしょう。土日は事業所によって出勤になる場合もあり、夜勤はないがオンコール体制になることもあります。

 

 

訪問看護師の働きやすさや条件は?

訪問看護師になると「自分だけで判断できるかしら」と心配になる人もいるでしょう。

 

しかし、訪問看護は医療チームや介護チームとの連携が重要になるので、決して一人で判断することはありません。複数の看護師で患者の状態を観察できる病院とは違い、訪問看護師は担当になった看護師しか観察することができないので、正確な対象者の状態を知るために、医療チームと介護チームが連携して情報を共有していく必要があります。困ったときでもスタッフがいないわけではなく、連絡網はあるので心配せずに働くことができます。

 

訪問看護は日勤のみで、ほとんど残業がないので働きやすいです。しかも、給料が一般病院の水準よりも高いです。夜勤がない分オンコール対応を取っている場合は、時間外手当やオンコール手当などがもらえます。ただし、オンコールが多い場合もあり、注意が必要です。

 

看護師の数が少ない事業所では、一人一人の業務が多くなるのでオンコール回数も増えます。ベテランの看護師であれば、それほど辛く感じないかもしれませんが、慣れない状況の中でオンコールの回数が多いと家族に影響を与える上に、自分が疲れてしまいます。問い合わせて、確認しておくことをお勧めします。

 

 

訪問看護師として生きる!

訪問看護のやりがいは、対象者とじっくり向き合えることだと思います。在宅で最期まで療養するケースが多いので、長期にわたり訪問看護をしていくことになり、対象者との信頼関係は欠かせない状況になります。疾患と向き合いながら、在宅で療養したいと決断した対象者がいかに残された人生を生きるかということについて、ともに歩んでいくわけなので、寄り添う看護の実践ができる場となります。

 

コミュニケーション能力があれば、訪問看護師として十分に働くことができるでしょう。健康管理しながらも、話をしながら、状態の変化に気づくことが訪問看護師の必要なスキルになります。病院よりは技術的な面でスキルアップは図れなくても、全人格的に患者をとらえる観察力は磨けますので十分やりがいは感じられるでしょう。

 

対象者の生活の場で、その人らしさは何かを考えながら、人生に深くかかわることができる訪問看護師はこれからの社会において必要不可欠になってきます。仕事と家庭の両立も吐かれて、社会での貢献度も高い尊い職業につけるチャンスがあるということは、看護師の特権です。

 

子持ち看護師にとって、生活リズムがつけやすく、条件的にそろっている職場であるといえます。これからの社会で、少しずつ需要が高まっていく訪問看護師の仕事にチャレンジしてみるのはいかがでしょうか?

 

子持ち看護師,転職,訪問看護,特別養護老人ホーム

子持ち看護師として働くポイントを見てみる



「子持ち看護師の転職ナビ」TOPに戻る