子持ち看護師 派遣で働く場合

子持ち看護師としてどう働くか?

看護師という資格を持ってはいるのに、子育て中だから活かせないというのは、もったいないですよね。

 

しかし、看護師という仕事は内容によってはとてもハードなので、子育てしながら働けるのか不安がよぎります。子供が小さいうちは、できる限り一緒に過ごしたいと思う親の気持ちはよくわかります。家族が犠牲になるような働き方はしたくないでしょう。

 

子持ち看護師の働き方の条件としては、土日休みがあり、残業がない、夜勤がないということがあげられます。この条件を満たす職場なんてあるのだろうかと思われますが、意外とあります。正社員からパート、派遣など看護師の求人はとても充実しています。その中でも派遣は、自分の生活や子育てスタイルに合わせやすいという理由から人気があります。

 

 

どんな求人があるのか?

派遣看護師の求人案件は多種多様です。病棟看護師やクリニック勤務などの看護ケアをする仕事や、製薬会社のオペレーターやツアーナースなどがあります。

 

基本的に日勤業務が多く、残業なしの場合がほとんどですが、夜勤専門看護師のような業務もあります。正社員のように、勉強会や研修がないので働きやすい環境であると思います。とはいっても、業務は即戦力であることが求められます。

 

単発看護師は健診やデイサービス、健康管理業務などが多く、1日勤務のみのものから、数か月勤務などの単発という風に選択肢が多いです。自分の時間を優先的にとることができる派遣や単発の仕事は人気があります。

 

 

派遣で働くメリット・デメリットは?

派遣の場合は、自分の生活やスケジュールに合わせて仕事を選べるので仕事によって家族が犠牲を払うようなことは生じません。

 

子持ち看護師だけでなく独身看護師でも派遣の仕事を主にしている人が大勢います。派遣の仕事の後に次の仕事までの時間で旅行に行ってくる人もいます。一度きりの仕事もあるのが派遣の仕事です。病院で正社員として働く際は、スタッフ同士の人間関係に悩むこともありますが、派遣の場合はそういうことはありません。もし、人間関係がうまくいかなかったとしても、派遣期間が終了してしまえばその人たちと関わることはありません。

 

子育て中だと、土日や祝日は保育園などを利用できないため、子供が小さいうちは平日勤務が求められます。シフト制が多い看護師の仕事は、土日出勤になる可能性もあるので、シフト制ではない職場を選ぶと良いでしょう。

 

また、夜勤がないことが子育て中には欠かせない条件になります。家族が協力的ならば、できるかもしれませんが、子供にとって寝ている間に親がいないというのは精神的な負担やストレスにつながっていくことになるので難しいと思います。夜勤をしていれば給料が上がりますが、子育て中は子供を優先に仕事を選んでいくことをお勧めします。夜勤なしの条件で求人を出している職場は結構あります。

 

保育園などに子供を預けている場合は、残業があるとお迎えが遅れてしまうことがあります。派遣の仕事は残業なしの条件で求人を出しているところが多くあるので、探してみましょう。都心などでは待機児童が多く、保育園に入園したくても入れない子育てママがたくさんいます。そのようなときに派遣の仕事は、単発で入ることができるので、一時保育ができる場所があれば働くことができます

 

派遣の給料は、一般病院で働く看護師の水準よりも高めです。ただ、仕事内容にもよりますが、即戦力が求められます。一日中入浴介助をしたり、部屋持ちをすることもあります。研修がないまま、とにかく実践で覚えてもらうというところもありますので、技術面や知識面で不安の人は事前確認することをお勧めします。

 

子供が小さいうちは派遣で家族との時間を大切にしていくのが良いかと思いますが、子供の成長とともに教育費が必要になってきます。子供の養育費は一人当たり大学卒業まで3000万円といわれています。子供が2人、3人といればそれだけ多くの養育費が必要になるということになるので、派遣で働き続けるよりは復職をした方が経済的には安定します。常勤のように長く働くことによってもらえる退職金等はもらえないのが派遣です。

 

派遣で働く私の知人は、月15日程度働き、月18万円程度もらっているそうです。二人の小学生の子供がいますが、学校行事にも参加しやすく、また自分の時間も持てるとのことです。休みが多く、体力的に疲れすぎたりしないので、次も頑張ろうという意欲につながっているそうです。今後はもっと収入を増やすために復職を目指していますが、できる限り復職のブランクを少なくしたいと話していました。

 

このように、子供の人数によっては派遣で働き続けるのは厳しいことが分かります。

 

 

どうやって派遣されるの?

派遣会社に登録すると、看護師の仕事が紹介されるという流れです。

 

ここで大切なのは、自分の条件を明確にしておくということです。看護師として自分がやりたいことは何か、時給や仕事の条件について明確に伝えることが大切です。派遣の仕事は時給と契約期間によって決まることが多いです。しかし、仕事内容や勤務地がどこかをしっかり聞いて、交通費は支給されるのか確認するなどしましょう。

 

以前、私は派遣会社に登録したことがあり、家から電車で1時間かかるところに行くように言われ、仕事をしましたが、交通費は自己負担でした。知らないことで、思わぬ負担があることはあります。

 

自分の条件は明示したけど、なかなか仕事が見つからない時はほかの派遣会社にも登録してみましょう。転職サイトでも派遣の仕事を見つけることは可能です。

 

派遣の仕事でイベントナースや、ツアーナースがあります。ツアーナースは修学旅行などの付き添いをし、具合悪くなった人を看護する仕事になりますが、自宅を何日間か離れることもあります。

 

また、派遣の仕事によっては勤務時間30分前に集合するようにと指示があることもあり、その分の給料はカウントされないことがあります。

 

派遣の際は、特に服装の指定はありませんが、軽装で行くよりは清潔感のあるキレイ目スタイルで言った方が印象は良いでしょう。ジャケット一枚羽織るだけでも、かなり印象は違ってきます。

 

 

派遣看護師として働くということ

子持ち看護師の課題はどうやって仕事と家庭を両立するかということです。子供の病気や学校行事、進路などの教育面で考えると、家庭に費やす時間が増えて、独身時代のようには仕事に打ち込めなくなることは確かですよね。

 

正社員で子育て支援を受けて時間を調整できる仕事をするのか、派遣看護師として時間を調節できる勤務を選んでいくのか。将来的に復職を目指すために、仕事の勘を取り戻すために派遣看護師として働くか、様々な仕事を経験しながら自分に合う職場を探すために派遣看護師として働くのか。このように、看護師は過酷な職場とは言われているものの、業務や勤務形態における選択肢は多いのが特徴です。

 

子持看護師でも、派遣で働けばプライベートが充実できるので子育てにも余裕ができやすいでしょう。

 

仕事内容が多種多様なので、自分のスキルに合わせて選択できると良いです。そのために、自分の条件を明確にしていくことが大切になります。

 

派遣看護師として働くということは、自分らしさを見つけられるということではないでしょうか。

 

子持ち看護師,転職,派遣,特別養護老人ホーム

子持ち看護師として働くポイントを見てみる



「子持ち看護師の転職ナビ」TOPに戻る