子持ち看護師 短期・単発バイトで働く場合

短期・単発アルバイトってどんな仕事?

看護師バイトと聞くと、「どんなふうに働くのだろう?急に行ってできるのかな」と思われるかもしれません。せっかく行ったのに、スキル不足で業務がうまくこなせなかったなんてことがあったら大変だと不安に感じることもあるでしょう。

 

求人広告などを見ると、看護師バイトは高時給のところが多く、日払いでその日に給料をゲットすることができます。単発や短期の仕事は、家庭と両立できる自由の利く仕事です。条件が合えば、自分のライフスタイルに合わせて仕事をしていくことができます。

 

看護師バイトの仕事内容は様々です。職場によって仕事の内容は違っており、患者の健康管理をはじめ、診療の補助など看護ケア全般が仕事内容になります。病院であれば総合病院と個人病院で仕事内容は異なってくるし、老人介護施設での勤務や、健康診断の補助をしたりと様々です。

 

診療の補助については、診察や検査の補助や、処置や投薬などを医師の指示の下で行います。また、日常生活動作をできるかできないかについてアセスメントしたうえで、必要な看護ケアを行っていきます。病院の仕事は入院患者に対して健康管理をはじめ、治療に伴う薬の効果や副作用について観察し、必要に応じて医師や他職種に報告します。看護師は患者ごとに計画を立案して、看護ケアを皆でできるようにしています。排泄援助や食事介助、清潔援助などを必要に応じて行います。

 

老人介護施設での看護師の仕事内容は、その施設によって違いがありますが、看護師が少ない状況の中で判断力が求められます。看護師一人で決定することはなく、委託医に報告して支持を仰ぐことが前提となるので、それほど負担に感じる必要はありません。単発看護師であれば、デイサービスなどでの利用者の健康管理や、入浴介助などの看護ケアが主な仕事内容になります。

 

また、イベントナースについては、イベント会場での救護をします。仕事の忙しさはその日によって当たりはずれがあり、どんな人々が集まっているのかを確認するとあらかじめイメージはつきやすいかもしれません。

 

さらに、訪問入浴という仕事もあります。介護士と一緒に入浴に必要な道具をもってお宅訪問し、入浴サービスを提供します。一日中入浴介助と移動をするため、重労働になります。必要なスキルはなく比較的時給が高いため、人気があります。

 

ツアーナースという修学旅行や移動教室の付き添いの仕事もあります。短期で自宅を離れることになります。山登りツアーの場合は一緒に山を登るので、体力に自信がある方や旅行好きの方にお勧めです。

 

勤務時間は、日勤、夜勤、平日のみや休日のみ、短期、長期など様々な条件があります。気分の希望に合わせて、勤務形態を事前に確認していく必要があります。

 

 

短期・単発アルバイトにはどんなメリットがあるの?

なんといってもアルバイトは自分ができる範囲で、自分のペースに合わせて勤務することが可能です。

 

看護師アルバイトは、他のアルバイトに比べて高い時給が設定されています。これは、治療をサポートして、患者をケアするという使命があり、国家資格として独占権を持っているからです。仕事内容は数日程度の単発勤務のものから、月に2〜3回程度の夜勤のみ、あるいは平日の日勤常勤で時間も選べるというような自分の都合に合わせた内容で探すことができるので、効率よく生活を送ることができ、高収入まで得ることができます。

 

勤務先は医療機関や老人介護施設、地方公共団体など様々です。よって、それぞれの職場で異なるスキルを発揮することができます。看護師アルバイトは、子持ち看護師や、一度退職した人、ブランク看護師、看護学校を卒業した人などがいます。

 

単発看護師は、一般病院とは違い人間関係が続くことはないので、もし良い関係が築けなかったスタッフがいてもその後に影響することは少ないです。いろいろな仕事があるので、いろいろな経験ができます。一つの派遣会社のみならず数社に登録することでさらに仕事の幅は広がるでしょう。

 

単発での仕事はなぜ人気なのかというと、自分のスケジュールに合わせやすいからです。例えば「一週間働いて、一週間休む」という風に働くことも可能です。趣味で日中極めたいことがあれば、それに合わせて仕事を選ぶことができます。そして、「明日の予定がキャンセルになったから、働こうかな」と思って、派遣会社に連絡すると求人を紹介してくれることもあります。

 

単発での仕事はいい面もありますが、面倒な面もあります。いつも新しい職場に出かけていくということは、緊張の繰り返しです。そして、その都度新しいことを覚えなくてはなりません。慣れるまでに時間がかかる人には苦痛に感じてしまうでしょう。

 

また、保険や年金は自分で払わなければならないので、手続きを忘れないように気を付けなくてはなりません。単発の仕事ばかり繰り返していると、いつ手続きが済んだのか、あるいはまだ済んでいないのかがわからなくなりますので、働くごとにメモしておきましょう。

 

さらに、仕事がうまく探せないこともあります。派遣会社に登録すれば、求人を紹介してくれるのですが、自分に合った内容の仕事でなければ、なかなかスムーズにいかないこともあるでしょう。もし、仕事が見つかっても急なキャンセルはできないので、仕事がきちんとできるように余裕をもって予定を開けておく必要があります。

 

このようなメリットとデメリットを考慮して、どう働いていくのが良いかを考えることが大切です。

 

私の知人は、一か所の施設で長期でアルバイトしながら、休みの日に単発のアルバイトをしています。いろいろな働き方がありますので、自分に合った条件で探してみましょう。

 

 

どこで探せばいいの?

短期や単発看護師の仕事を探す場合は、派遣会社に登録するのが良いでしょう。

 

ネットで検索するといろいろな派遣会社を見つけることができます。しかも、様々な看護師の仕事が紹介されており、すぐに決定してしまう人気求人案件もたくさん掲載されています。派遣会社には無料で登録でき、登録後専任のコンサルタントから、自分の希望に沿った求人案件を紹介してもらえます。無料なので、気軽に仕事を探すことができますね。

 

大切なことは、自分の条件を明確にしておくということです。派遣会社に登録する際に看護師としてどんな風に働きたいのかを明確にする必要があります。自分の経験やスキルに合わせて、また、一人で決断することではなく、必ず家族にも相談して働ける条件をはっきりさせてみましょう。

 

その上でできそうな仕事を派遣会社に報告すると良いです。子持ち看護師なら子育てに影響があるくらい疲れてしまっては本末転倒ですので、事前によく確認して仕事内容を吟味することをお勧めします。家庭を守る役割を持つ子持ち看護師なら、限られた時間を有効に使えるように采配できる能力が必要です。自分のライフバランスを保ちながら、有効に時間を使い、仕事と家庭を両立できるようになりたいですよね。

 

幸いなことに看護師の求人は多種多様です。ブランク看護師や子持ち看護師でも十分に働くことができる職場があります。

 

高給与、高待遇の短期・単発看護師として、いろいろな経験を通して、スキルアップにつなぐことができるのはとても魅力的ですよね。

 

子持ち看護師,転職,バイト,特別養護老人ホーム

子持ち看護師として働くポイントを見てみる



「子持ち看護師の転職ナビ」TOPに戻る

スポンサーリンク