子持ち看護師 パートで働く場合

子持ち看護師の条件を理解してくれる職場を探す

子持ち看護師が転職する際の条件として挙げられることは、その職場が子持ち看護師を支援する方針を持っているのかどうかということです。

 

子供を持つ母親の立場に立って、働く看護師を支援できる柔軟さがあるのかという点は、事前に確認しておく必要があります。働くスタッフだけではなく、上司が子持ち看護師であれば、子持ち看護師をサポートしようと考えてくれるでしょう。職場によってはすべてが理解されるということはないし、仕事を優先にしなくてはならない状況も出てくるでしょう。仕事をする上で大切なことは、独断で行動しないことであり、周りの協力をいかに得ることができるかが鍵となります。

 

職場によっては家庭環境を理解して、なるべく働きやすい勤務体系を取り入れてくれるところもあります。夜勤業務を免除してくれたり、土日を休みにしてくれたり、日勤のみの勤務になるように調整してくれることもあります。

 

職場によっては、時短勤務をとりいれて、保育園のお迎えに間に合うようにしてくれている所や、24時間保育をしてくれる施設を併設している職場もあります。子持ち看護師が様々な制約で仕事ができないということがないように、工夫している職場があります。

 

さて、子持ち看護師に適した職場は何でしょうか?

 

前に述べたように子持ち看護師として優先するべき条件は、残業がないことや日勤のみの勤務、土日休み、夜勤がないということがあるので、病棟勤務よりは外来勤務の方が適しているといえます。病棟勤務は夜勤や時間外勤務があったり、休日出勤もあります。病棟でも子持ち看護師はいますが、子持ちを理由に休日出勤を拒んだりすると、病棟の仕事が回らなくなってしまいます。患者にとっては、看護師の勤務形態や子持ちかそうでないかということは関係がありません。

 

そうすると、日勤のみの勤務が良いということになりますが、どのような職場があるでしょう? 例えばクリニック勤務は夜勤がないし日曜や祝日はないというところが多いので子育てに適しているのではないでしょうか。また、夜勤がないという条件なら、介護保険施設や一般の会社で働く場合もあります。デイサービスや訪問看護も夜勤業務がないのがほとんどです。

 

 

パート勤務のメリット・デメリット

日勤パートは正職員に比べて、勤務日数や勤務時間を調整しやすいため、生活スタイルを作りやすいです。また、残業がないことが多く、子供のお迎えや家事に影響が出ることが少ないです。

 

業務については、正職員とは違い、リーダーになったり、勉強会や研修に時間外にも参加するということはせず、責任のある仕事を請け負わなくても良いです。私の働いていた外来では、研修や勉強会はあったものの、勤務時間内に交替で参加をするという形式でした。これはほとんどが子持ち看護師というスタッフの状況だったので、家庭に影響が出ないようにお互いに調整しあうことができていました。

 

勤務時間や勤務形態によっては、雇用保険や健康保険に入ることができます。週2〜3日の場合は時給のみの給料で各種保険は入ることができませんし、ボーナス支給もありません。

 

デメリットとしては、給料が時給計算なので正社員よりも低くなります。都心部と地方では時給に差がありますし、業務内容によっても差があります。例えば、スキルが必要な業務で手術室や産婦人科などの職場では時給は高くなりますが、デイサービスや保育園などの処置が少ない職場では低くなります。

 

福利厚生面で正社員と比べると不利になることがあります。例えば、急な休みが必要になったときに有給が使えるかどうかという問題があります。勤務条件によっては有給が取れないこともあり、収入に影響が出ます。

 

 

どんな求人があるの?給料は?

看護師のパート勤務は時給制で、地域によって格差があると述べましたが、その地域の人口密度や物価、病院の経営状態なども影響します。

 

時給の低い職場で、地方のデイサービスでは時給1000円以下というところもあり、資格は持ってはいるものの厳しい待遇になっています。大体、パート勤務の平均時給は1500円程度となっており、業務内容によっては2000円を超える高給もあれば、低時給もあります。

 

求人については、病棟勤務や外来勤務、診療所やクリニックなどの日勤常勤や、夜勤専門という勤務もあります。また、介護保険施設でのデイサービスや、訪問看護、さらに一般企業の看護師もあります。職場の環境によっては、働くスタッフの数が少なく一人一人の責任が大きい職場では、引継ぎ等ができないので仕事が終わるまでは帰宅できないこともあるので事前に確認することをお勧めします。

 

働いてみてから、求人内容とのギャップを感じてしまっては、家庭に及ぼす影響も考えるととてもストレスが大きくなるので注意が必要です。

 

 

どこで探すと良い?おすすめポイントは?

今日の便利な情報源として真っ先に挙げられるのは、インターネットではないでしょうか。ハローワークの求人も良いですが、転職サイトは外出しなくても時間を気にせずに、条件に合った求人を探すことができます。登録は無料で、登録後に個人的にアドバイザーが連絡をくれるので、自分の優先したい条件を明確にしておき、アドバイザーにアピールすることで条件に合った求人をスムーズに探すことができます。無料という気軽さも良いですね。

 

求人情報では業務内容をしっかり確認することをお勧めします。業務内容によっては自分自身の働き方が変わってきます。このような業務内容は、実際の業務とは少しずつ違う場合があります。

 

面接時はこう言ってたのに、働いてみたら違うということもありますので、事前に自分で確認するとか、転職サービスのアドバイザーに確認してください。このような第三者は病院との間に入るために、自分では聞きづらいことを代わりに聞いてくれます。また、紹介会社の知っている情報を聞くこともできます。時間外労働勤務の状況を必ず聞くようにしましょう。

 

パートだからといって仕事に手を抜くことはできません。職場では正社員と同じように仕事を要求されます。職場によっては時間外労働も要求されることがあります。

 

また、正社員や日勤常勤の通常勤務の人より早く帰ることになったりすると、スタッフ同士のコミュニケーションがとれず、人間関係が良くないこともあります。パートで働くときは、正社員と同等ではない環境であることを念頭に置いて、割り切ることが大切です。

 

これは、年齢の差についても同じです。新しい職場に行くと、上司が年下であることがありますが、仕事上だけの関係であることを覚えて、意識しすぎないように割り切る必要があります。

 

パートについてイメージが湧かない場合は、コミュニティーサイトにアクセスして、パート勤務をしている人の生の声を聞いてみると良いでしょう。

 

 

自分の条件を明確にして働くことが重要

就職する際、家族と相談していろいろな条件を出しながらやっと就職できたのに、実際働いてみるとしばらくの間は業務を覚えるだけでわからないことがたくさんという状況の中、自分の条件について主張しにくくなります。もう勤務時間が終わるのに「あとこれもお願い」といわれて断れない場合も出てきます。

 

しかし、自分が働けるラインを決めておくことで周知できるし、家庭との両立もできるようになるので、明確に自分の条件を表すことが大切です。

 

子持ち看護師が働きやすい職場づくりを自ら積極的に行うことで家庭との両立をはかる子持看護師が増えていくのではないでしょうか?

 

子持ち看護師,転職,パート,特別養護老人ホーム

子持ち看護師として働くポイントを見てみる



「子持ち看護師の転職ナビ」TOPに戻る

スポンサーリンク