子持ち看護師 夜勤で働く場合

母親が夜勤をするということ

子持ち看護師が仕事を続ける上で、ハードルとなるのがシフト制の夜勤ではないでしょうか。

 

病棟勤務はもちろん、正社員として働くときについてくる条件として夜勤があります。職場によっては夜勤なしの求人もありますが、24時間看護をしていく場所では夜勤なしというわけにはいきません。

 

子持ち看護師は仕事を優先してしまうと子育てに影響してしまうので、母親であることを考える必要があります。子供にとっては母親がそばにいないことは、とても不安なことです。それは母親にとっても同じで、夜に幼い子供を置いて仕事をすることは、とてもつらいことです。

 

家族の協力があればできるのではないかと思われがちですが、「今何をしているのかしら」とか「問題なく元気にいるかしら」などと子供と離れる間常に不安が付きまといます。

 

子供の成長を見られないのは嫌だという人やどうしても家族を犠牲にしたくない人は、夜勤がある職場を離れるということもありますが、夜勤を免れることができない職場への復帰を決める看護師もいます。

 

夜勤をする前に考えたいこと

子持ち看護師にとって、仕事と家庭を両立するために、サポートしてくれる職場が必要になります。子育て支援を導入している職場もあり、子供が小さいうちは夜勤を免除することや、時短勤務など取り入れている場合があります。

 

子持ち看護師が夜勤をするときは、誰かが協力してくれないと子供たちの安全を守れません。その誰かが、夫であったり、両親であったり様々ですが、離婚が珍しくない今日では母子家庭で子供を育てているケースもあります。そうなると、もっと周りの協力なしでは仕事ができないので、働き続けるために子育て支援を活用する必要があります。

 

看護師の確保のために病院によっては子供がいても働きやすいように、院内保育をしている場合や、母子寮を完備しているところもあります。院内保育所では、いろいろな年齢層の子供たちが母親の帰りを待ちながら時間を過ごしています。大きな病院では夜勤時のフォローもしてくれている院内保育があります。病児保育をしているところもあり、子持ち看護師にとってはとても心強いでしょう。何かあれば呼び出しをもらえ、院内にあるのですぐに対応することも可能です。

 

ただし、保育施設に預けていれば大丈夫という考えは危険です。何か起きてからでは遅いので、子供の異変には母親が責任持って対処するように心がけましょう。

 

 

子持ち看護師が夜勤で働くメリット・デメリット

夜勤をすると給料はぐんとアップします。夜勤手当は職場によって様々ですが、看護師の給与は給与総額の中でも手当てが占める割合が高く、基本給は低めという特徴があります。夜間に勤務することで付与される手当があり、労働基準法で対象給与額の25%相当の割増賃金を上乗せ支給するように定められています。夜勤1回につき支払われる給与は経験年数によっても変わります。

 

また、2交代制に比べて3交代制の方が勤務時間が短いため、夜勤1回当たりの給与は低くなります。何回夜勤に入れるのかによって給与が違ってくるので、家庭経済のために給料アップを目指したいと考える看護師であれば、無理をしてでも夜勤回数を増やしたいところでしょう。

 

夜勤で働くデメリットは、子供と一緒にいられないことです。しかし、夜勤ができなければ給与も下がるし、夜勤ができない看護師はいらないという雰囲気がまだまだあるのが現状です。夜勤のある日は、一緒に過ごせる時間を大切にして子供にできる限り甘えさせたり、期待感をもって子供に待たせるように工夫している人もいます。

 

また、自分のいない家庭を残った夫や家族が守れているのか、子供をみてくれているのかが不安になることもあります。子供が小さいうちは思いがけない事故が起こるものです。特に幼い時期は小さいものを口にいれたり、触ってほしくない危険物をあえて触ったりするものです。

 

子供は不安になると余計にストレスをいろんな形で表現します。泣く子や赤ちゃん返りをする子、いたずらをする子。そうなると、仕事をしながら不安が優先して仕事にならなくなりますね。

 

さらに、体力的な問題があります。年齢を重ねるごとに疲れが取れません。朝になると目がシバシバして思考が停止することもあります。夜間保育に預けていれば、夜勤後にお迎えに行かなくてはならず、そこから子供と付き合うことになりますが、体力が残っていない状態です。寝たくても寝られない状態は想像するだけでも、とてもつらくストレスを感じざるを得ません。

 

子供が学校に通うなら、夜勤中に「ちゃんと学校行ったかな」と思う人もいます。ある程度子供が大きくなれば自分のことは自分でできるようになり、朝の支度も習慣化して学校の準備ができるかもしれませんが、朝ご飯を母親不在でとる寂しさはあります。

 

このように、子持ち看護師は夜勤をするとき子供のことが一番気になることでしょう。

 

 

夜勤で働くときの注意点は?

夜勤は子供をみてくれる人がいないとできません。いくら夫が協力してくれているといっても、すべて頼っていいのかという点で注意が必要です。夫の帰りが遅い時に、翌日の勤務があるのに子供の世話も任せてしまうことで、夫への負担が大きくなります。

 

また、夫も良く帰宅が遅いと、頼みづらいこともあるでしょう。

 

そして、夜勤後子供の世話を引き継いで体を酷使することは、体力的にも辛く長くは続かないでしょう。しかし、母親なので子供の前で弱音は吐けないと頑張ってしまう可能性はあります。体重がどんどん減っていき、気づいたときには体はボロボロという状況もあり、注意が必要です。

 

体を壊してしまっては、元も子もないので元気な姿を子供の前で見せられるように決して無理がないような形で仕事ができるようになってほしいです。

 

 

夜勤のための準備は?

夜勤の前にはどんな時間の使い方をしているのでしょうか?独身看護師なら仮眠をとってから出勤するというのが一般的でしょうが、子持ち看護師の場合は違います。

 

まずは、子供のスケジュールに合わせて準備をする必要があります。たとえば、朝は子供と一緒に保育園や学校に行く準備をし、その後は洗濯、掃除をします。これは夜勤後に疲れた体で家事をこなすことができないからです。

 

また、夜勤前に食事の準備をして、残った家族が不自由なく食事ができるようにしてから出かけます。夜勤の時は、睡眠時間は削られるということ、また、多少疲れても夜勤の後に大変な思いをしないように頑張って家事をこなすということを見越して夜勤ができるかどうかを検討するのが大切です。

 

 

子持ち看護師が夜勤をするために

子供にとって母親がそばにいないということは、不安な気持ちになるということは子供を育てている母親であれば理解できることでしょう。それでも、何らかの事情で夜勤をしなくてはならない時、いくつか考えるべきことがあります。

 

前にも述べたとおり、一人では夜勤はできないことを覚えて利用できる支援はすべて活用するように行動することが大切ではないでしょうか。そして、子供との時間を大切にできれば、子供の心も安寧になることが可能でしょう。

 

子持ち看護師だから、難しいとあきらめてしまうよりはいろんなサポートを受けながら、無理のない範囲で働ける方が良いと思います。

 

子持ち看護師,転職,夜勤,特別養護老人ホーム

子持ち看護師として働くポイントを見てみる



「子持ち看護師の転職ナビ」TOPに戻る

スポンサーリンク