子持ち看護師 託児所 保育園

子供はどこに預けていますか?

結婚出産を経て、子持ち看護師として働きたいと思う人は多いです。

 

しかし、現実問題として子供を預ける場所はあるのだろうかということが浮上します。両親と住んでいたり、誰かに子供を預けることができる環境が整っているのであれば、仕事復帰も可能ですが、実際は難しく保育園などを利用して子供を預けることが多いです。

 

例え、仕事が始まったとしても、小さい子供を抱える看護師は保育園がお休みの時や子供が病気の時、だれが子供をみれるのかという問題があります。もし親や誰かが、世話してくれるのであれば、何の問題もなく好きな病院やクリニックなどに働くことができるので気楽に求人に応募できるでしょう。

 

しかし、自分しか見る人がいないという場合は、看護師として働くうえで難しいと思う壁があることを覚悟しなければなりません。なぜなら、看護師は、同じ時間に勤務している人数が決められているので、欠員が出たらみんなでカバーしなければいけません。自分が休む時に変わりの人がすぐに見つかるような柔軟性があるのかどうかは、職場によって違います。

 

このような子持ち看護師の不安を解消すべく、病院によっては託児施設が併設されているところもあります。中には24時間の託児所を併設して、子育てとの両立ができるように支援している施設もあり、子持ち看護師にはとても心強いですね。一言に託児所といっても、どんな環境なのかを調べてみるのが良いでしょう。場所によっては本人の勤務時間外は見ないというような制限があったりするので、事前の確認が大切になります。

 

このように、子持ち看護師が利用しているのは世話してくれる家族以外に、保育園や託児施設があります。

 

 

院内託児施設とは?

院内に託児施設がどのように存在しているのかというと、同じ敷地内に併設されている場合や、同じ建物の一角に託児室がある場合があります。同じ施設内にあることで、子供と一緒に出勤し、退勤できるというメリットがあります。ほかの施設に送迎しなければならなくなると、時間や体力が削られてしまいますが、同じ施設内なのでとても楽ですよね。

 

また、普通に保育園に預けるより保育料がかからないことがあります。中には勤務日数によってコストを抑えることができるケースもあります。託児所なしのところで働いてしまうと、保育園を探さなくてはならないのですが、無認可保育園だった場合は保育料が高いです。保育園の料金は自治体や子供の数で個人個人違うので、よく確認する必要があります。

 

私が以前勤めていた病院にも託児施設がありました。院内に設置されており、未就学児が同じ空間に過ごしている状況でした。院内にあるので、勤務中に様子を見に行くことができました。一つ残念なことは、窓がない一室で過ごしていることもあり、換気状態が良くなかったことです。また、園庭がないので時々病院外に散歩に出かけてはいましたが、ビル街にある病院だったため自然がなく、車も多くてあまり子育てに向いた環境ではありませんでした。小さい子供たちは一列に連なって、慎重に歩道を歩くといった様子で公園で走り回ったり、自然と戯れたりということはできませんでした。

 

こういうことも院内施設のデメリットとしてあるので、事前に子供にとってどんな環境が良いのかをよく考えると良いでしょう。

 

 

保育園に預けるなら

保育園に預けるときには、まず申請が必要になります。保育園の入園条件は、両親が働いていて子供を保育できないことが必須になります。子持ち看護師として復職が決まっているなら、そのことを証明でいる書類を提出する必要があります。

 

また、保育園に入園するには審査に通らないといけません。ポイント制になっていて、勤務時間が長いほど保育が難しいと判断されるので、点数は高くなります。パートで一日3〜4時間だけ働くことと、8時間働くことでは、長い勤務時間の方が保育が難しいのでポイントが多くなるということです。これはそれぞれの自治体で違いはありますが、都内では待機児童が多くポイントの高い家庭から保育園入園が決まるという流れです。

 

保育料はどうでしょうか? こちらも自治体によって多少違いがあります。年収によって保育料が違ってきます。例えば、年収400万円の看護師の場合、家庭で他に働いている人がいなければ一か月あたりの保育料は20000円〜25000円程度になり、家庭の中にほかにも収入がある人がいれば、一家庭の合計になるので保育料はもっと多くなります。

 

また、保育料は預ける子供の年齢によっても変化します。0歳児、1歳児、2歳児は保育費用は高くなります。特に子供が3歳になる前は復職する人が多く、保育園入園が難しい傾向にあります。3歳児になると、幼稚園に入園する家庭もあり、保育園入園を待っている児童の数が比較的減るので、入りやすくなります。

 

保育園は地域の子供たちが集まっていることが多いので小学生になっても顔見知りになっていて、学校生活にもなじみやすいことがあります。また、一度預けたら、朝から夕方までゆったりみてくれるので、生活のリズムがつけやすいというメリットがあります。子供にとっても、慣れてしまえば保育園で過ごすことに楽しみを感じ、保育士さんがしっかり見てくれることで子供もさみしさをそれほど感じず過ごすことができます。

 

 

幼稚園の場合は?

幼稚園は保育園と違って、短時間保育になります。正社員として働くなら、幼稚園では送り迎えに支障をきたすでしょう。幼稚園に預けるなら、パート勤務が良いでしょう。

 

院内施設の中でも3歳以上は保育園か幼稚園に預けることで土日休みは院内保育可というところがあります。幼稚園は夏休みがあったり、行事は親の役回りで担当したりするので、正社員で働く看護師には難しいことが多々あります。半日勤務のパートで勤務するなど働き方に工夫が必要です。

 

保育園に預けたくても、就職先が決まらないから保育園に預けられないとか、待機児童として保育園入園を待っているとかでどうしても幼稚園を選択せざるを得ない子持ち看護師も実際います。
しかし、クリニックや外来看護師として半日勤務のパートの求人は結構あります。待機児童の多い地域では、このような子持ち看護師はたくさんいます。

 

まずはパート勤務、幼稚園入園で過ごして仕事に慣れてから正社員として採用してもらうというパターンもあります。看護師はいろいろな選択肢があるので、決してあきらめず探してみることをお勧めします。

 

夜勤の時はどうする?

夜勤の時に自分以外に子供をみてくれる家族がいれば一番安心ですが、いない場合や難しい時は24時間保育施設を利用することになります。そのような施設が院内に併設されていれば、子供は夜勤の間、お泊りして、朝お迎えして子供と一緒に帰宅するということになります。

 

夜勤の間、子供だけで家にお留守番させている家庭で、子供がふと目を覚まして親を探しに夜道を歩くといった事件をたくさん聞いていますが、子供はさみしさのあまり絶対に普段ならしないようなことをしてしまうものです。
だから、決して子供だけにして夜勤をすることはないように、できるだけ利用できる施設を探して子供の安全を図るようにしましょう。

 

子持ち看護師でも、正社員として夜勤もしながら働くことはできます。子供をいかに安全にかつ自分自身の安心のために環境を調整できるかがポイントになります。

 

いろいろな施設があり、またサービスもあるので事前確認をして子持ち看護師として活躍していきましょう!

 

子持ち看護師,転職,託児所,保育園,特別養護老人ホーム

子持ち看護師として働くポイントを見てみる



「子持ち看護師の転職ナビ」TOPに戻る

スポンサーリンク