子持ち看護師 復職 シングルマザー

シングルマザーが看護師をしていくということは?

シングルマザーで子育てをしながら、看護師として働いていくということは不安や障害があります。

 

例えば、子供が体調不良の場合、休まなくてはならないし、勤務中なら早退しなくてはならない。そのたびに周りのスタッフに気をつかいながら、肩身の狭い思いをすることもあります。仕事も中途半端に終わらせなくてはならず、責任を放棄したくないけど結果的にせざるを得ない状況になります。また、夜勤があると協力してくれる人がいないとできないか、24時間託児をしてくれる施設が完備された病院じゃないとできないということが起こります。一人では看護師として働くことはできず、周りの協力を得なくてはならない状況なので、人間関係に悩む人はストレスが多いでしょう。人によっては、うまく人間関係が保てず、職場で浮いた状態になることもあるでしょう。

 

そういうわけで、職場がシングルマザーにとって優しく理解があるところであってほしいと願うわけです。

 

私がいる職場にはシングルマザーが数人いますが、いろいろな働き方をしています。ただし、皆お互いに大変さをわかっているので、団結力が素晴らしいです。急な休みでもお互いにカバーしあいながら、雰囲気が悪くならないようにあまり詮索せず明るく対応しています。そんな職場なので、看護師長も理解があり、家庭の事情に対して融通をきかせてくれています。

 

もしシングルマザーになっても大丈夫だと思える職場です。

 

シングルマザーはどうしても家族のために仕事を優先しがちです。心の中では子供を第一に考えたいと思っていますが、現実的に仕事をしないと生活できない状況にあります。家長としての役割を果たすため、経済力が必要なシングルマザーは看護師の資格を最大限に生かそうとするわけです。

 

 

看護師として復職するメリット・デメリット

病院で働くときは大きな病院であれば24時間の託児所がある場合があります。小学校就学前まで預かってくれることが多く、料金も民間の保育園に比べれば半額になる場合が多いです。中には残業までみてくれるところもあり、本当に助かりますよね。

 

また、一般企業と比べて、急な休みにも対応してくれることがあります。これは病院で働く場合ですが、医療機関の中で一番看護師の人数が多いので急な休みが発生しても、他の看護師に協力してもらえる環境が整っています。子供が小さいうちはよく体調不良になりやすいので、理解が得られやすい大きな病院で働くと良いかもしれません。

 

さらに、給料が高いので安定した収入が得られることもメリットの一つです。シングルマザーとして生活を支えていくためにはそれなりの経済力が必要です。しかし、子供が小さいうちはバリバリ働くわけにはいかずパート勤務や時短勤務などして、子育てに影響しないように調整する必要があります。一般企業なら、そのような働き方では時給も下がるし、安定的な収入を得ることはできませんが、看護師として働くなら時給が高くなります。夜勤をすれば、手当てがついてさらに収入アップできます。

 

しかし、看護師はデメリットもあります。まずは生活が不規則になることです。土日祝日も出勤になることは多々あります。子供が小さいうちは、不規則勤務は難しいので上司に相談して勤務調整してもらうと良いでしょう。小学校高学年くらいになれば一人でお留守番も可能になると思うので、勤務形態を変更して働くと良いと思います。

 

また、子供と一緒に過ごせる時間が少なくなります。特に夜勤をすると、2交代勤務であれば15時から翌日9時頃まで子供と会えないということになります。子供にとっても母親に会えないことはとてもさみしいことなので、精神的に不安定になりやすいです。24時間託児してくれるところであれば、休憩中に子供を見に行くこともできますが、忙しいと難しいです。

 

 

シングルマザーが看護師として働くうえでお勧めは?

何より働きやすい職場を探すことが、大切になります。そのためには、今の自分自身の年齢や経験、職歴、スキルなどを見てどんな条件で働くことができそうかということを評価する必要があります。シングルマザーとして復職するなら、長く働けた方が断然良いです。

 

なぜなら、生活を安定させるための経済力を手に入れられるし、生活パターンを安定的にすることができるからです。少し怖いかもしれませんが、客観的な評価を受けてみることも良いです。どこで受けられるのかというと、転職サイトに登録するのが気軽で良いでしょう。ハローワークなどの窓口まで出向く必要もないし、無料で受けられることも魅力的です。顔を合わさなくても評価を受けられるので対人関係で困ることもありません。

 

転職サイトに登録すると、非公開の求人も紹介してくれることがあります。さらに、求人の内情をリサーチしてくれることもあり、自分が知りたい情報を求めてみれば答えてくれるという柔軟さがあります。例えば、本当の手取り金額や、具体的な仕事内容、スタッフの人数、離職率、職場の雰囲気などシングルマザーではなくても気になる要件について調べてくれています。

 

さらに、同じような境遇の人々の生の声を集めているページもあり、実体験に基づいた内容は不安を軽減し、イメージしやすくなります。これほど親身になってくれるのは何か裏事情があるのでは?とまた不安になる人もいますが、しつこく勧誘したり過剰な広告をしていないので安心して大丈夫です。むしろ、利用しないほうがもったいないくらいです。

 

 

看護師資格があるからこそ離婚してもやっていける!

シングルマザーになると、今後の不安から弱気になったり、現実的になってしまうことはあるでしょう。しかし、看護師という職業は全国どこでも求人数は豊富で、就職率も高いです。だから、資格があるなら、条件に合った職場で働く方がいいです。子供にとっても、働く母親の姿を見せることができるし、命を守る尊い仕事に携わっている親を誇りに思える時が来るでしょう。自分たちのために一生懸命働いてくれたと感謝に満たされることでしょう。

 

たまに資格があれば大丈夫と安易に考えて、シングルマザーが看護師資格を目指すというケースがあります。この場合は、いくつかの注意点があります。

 

まず、看護師資格は学校で単位認定を受けなくては国家試験受験資格をもらえないため、学校に通う必要があります。最短で専門学校に通うのが選択されますが、3年は通う必要があり、その間子供は誰が見るのかということを明確にしておかなくてはなりません。学校は、子供の急な休みに対し、休んだ分の補習を必ず受けなくては単位を取ることが難しくなります。実習期間中は記録物が多く、朝は早くて夜は遅くなる生活になり、ますます子供との時間が取れづらくなります。シングルマザーはこんな時にいかにして子供の面倒を周りに協力してもらうようにできるかによって乗り越えられるかが決まります。

 

資格を取れるまでが、とても大変です。

 

資格がある看護師でも、体力に自信がなければ続けて働くことは難しくなります。高給与で高待遇の求人があっても、体力的に疲れて長続きしない場合は、看護師として働いてはいけません。
体力に自信があり、一人で抱え込まずにサポートを求められる人であれば、離婚しても看護師としてやっていけるでしょう!

 

子持ち看護師,転職,復職,ポイント,特別養護老人ホーム

子持ち看護師として働くポイントを見てみる



「子持ち看護師の転職ナビ」TOPに戻る