子持ち看護師 転職 働きやすい科

転職で悩む問題とは?

 

子持ち看護師になると、仕事でも家庭でも責任を負うために、とてもストレスの多い毎日を過ごすことになります。産前に勤めていた職場なら、産休を経ても同じ職場だから慣れているし何とかなるだろうと思って頑張って働くかもしれません。病院によっては時短勤務で早く家庭の仕事に戻れるように工面してくれる場合があります。そのようなときは、残業がないように働けば仕事と家庭の両立ができるという自信を持てるでしょう。

 

でも、現実はそんなに優しくない場合が多いです。

 

私は結婚出産を機に一旦は家庭に入ろうと思い、仕事を辞めました。でも、家庭の事情から子持ち看護師として働くことになり、元の職場に戻ることにしました。

 

「子供は小さいうちは時短勤務で働けるから安心してね。それから夜勤も調整してあげる」と看護部長から言われて一安心しながら働き始めましたが、時短勤務とはいっても片付けや引継ぎなど自分の仕事が終わらなければ帰れない状況でした。スタッフによっては「いいよ、時短でしょ。あとは引き継ぐから」といってくれる場合もあれば、私の状況なんてお構いなしの場合もありました。結局、時短で8時から13時という勤務だったとしても、残業で15時〜16時に帰るという状況でした。産後は体力が落ちており、残業があると今まで以上に疲れを感じやすくて、家に帰るとぐったりでした。

 

仕事は慣れてるのに、時間通りに終わらないのって今の私には一番改善しなきゃいけない点かもしれない」と思い、まずは残業のない職場を探そうと思いました。家庭に帰っても、疲れて何もできないようでは家族が犠牲になってしまいます。家族のサポートがあればカバーできるでしょうが、仕事と家庭を両立するためには、まずは残業がないことが条件になるでしょう。

 

 

働きやすい科ってどこ?

残業が少ない環境とは、仕事量があまり多くないことや決まった時間に決まった量の仕事をすれば良い場合があげられます。外来は患者の数が多い午前中は忙しくなりますが、午後は予約患者の対応や翌日の準備などある程度仕事が決まっているので、計画的に行動すれば、必ず定時に帰ることができます。

 

また、診療科でも違いがあり、例えば循環器科は生命の危機に直結していることがあり、外来でも入院になったりすると手続きやその他の処置に追われますし、一方整形外科は骨折の患者に対して、固定の介助や検査に送るなど生命の危機に直結はしていないために処置があっても精神的に楽に感じるでしょう。化学療法などの治療を受けるための治療センターでは、予約患者が多く治療が決まっているものの点滴終了までは管理する必要があるので場合によっては、残業があることもあります。このように、外来といっても様々な科があるので自分の経験と知識から強みのある科を選択したほうがいいと思います。

 

ちなみに私は、採血室と泌尿器、内分泌、整形、形成を担当したことがあります。その中で、一番時間通りに仕事ができたのは採血室と整形外科でした。なんといっても生命の危機に直結していない場合がほとんどでしたので、精神的に楽だなと感じていました。そして、仕事が終わっても疲れがそれほどたまっておらず、家に帰っても子供の対応に余裕を持つことができました。採血室では技術が向上するので、自信にもつながりました。

 

小児科については、子持ち看護師としては自分も子供の病気について知る機会になるし、子供の対応に困らないことがあります。例えば子供が処置を怖がって泣いているとき、子供を診たことがない人は困り果てますが、子持ち看護師は普段子供と接している分、子供が泣いてしまう状況についてアセスメントがしやすかったりします。これは子持ち看護師の強みになると思います。また、母親とのかかわりが小児科では重要となりますが、母として同じ立場に立って物事を考えることができるので、信頼関係を築きやすいです。

 

眼科については、手術予定の患者や定期健診に来る患者、点眼を必要とする患者などが対象になることが多く、決まった処置が多いので、比較的働きやすいと感じることができると思います。
いずれの診療科も仕事量は時間帯によって差はあるものの、午後になると仕事量が徐々に減っていき翌日の準備をして勤務終了となる場合がほとんどです。決まった量の仕事をこなし、残業がほとんどなく帰宅できるというのは子持ち看護師にとって助かりますよね。

 

 

今までの経験との関係はあるの?

外来は子持ち看護師が比較的多く、パートで働いている人もいます。これは、忙しい時間帯である午前中に人数を多く配置して、午後は正社員のスタッフで仕事をするためにパートで働く人たちを家に帰らせるようにするからです。子持ち看護師でパートって聞くと、「経験や知識があまりなくても、産後気楽に戻れるのかしら」と思うかもしれません。実際は、経験があった方が困らないことがあります。

 

例えば、急変患者がいたときは、担当以外の診療科であっても応援に駆けつけて対応しなければならないし、ほかの診療科のスタッフが急な休みで補充が必要な場合は、声がかかることがあり、担当科でなくても外来業務をこなさなければいけなくなります。そのような時、どんな科でも対応できるだけの経験と知識があれば、柔軟に考えて行動ができますが、経験がないとそれだけで自信がなくなり、いざというときに動けないという状況になります。

 

しかしながら、経験がない診療科でも外来は働くことができます。診察の介助はどの科でもそれほど大差はないですし、電子カルテ導入している病院では、入力するマニュアルができていることもあり、どこに行っても対応可能です。経験があればそれに越したことはないですが、なくても十分に働くことができます。

 

一方、病棟勤務を考えるならば経験があった方が良いです。もし仮に転職し、職場が変わっても、経験があると症状に速やかに対応ができます。環境の変化に適応する時間は必要となりますが、患者の対応については経験が助けになります。また、病棟の場合は夜勤があるので、子育てに影響が出ないように家族に協力してもらう必要があります。子供が幼いうちは、夜勤を減らしてもらう方法もありますので相談してみるのが良いでしょう。

 

 

自分の経験と知識を生かす転職を目指そう!

子持ち看護師が働きやすい科について、また、経験が転職に左右するかについて紹介しました。

 

家庭を守る母として、また、仕事を担う社会人としてそれぞれの役割を十分に果たしながら両立していくためには、まずは働きやすい環境について考えることが大切です。仕事量が多くなく、生命の危機に直結しておらず、決まった仕事内容であれば、計画的に仕事ができるので家に帰っても、疲れが響きにくいでしょう。働きやすい環境は、子持ち看護師にとってとても有難く、感謝しながら仕事ができると思います。また、仕事を続けることで家庭経済を支えることもできるし、看護師としての自信にもつながります。子供に対しても、社会人として模範を示すことができます。

 

子育てと仕事の両立は働きやすい職場を見つけることによって、実現しやすくなります。だから、まずは今の職場で仕事を続けられるのかを検討してみてください。そして、もし子育てに大きな影響を及ぼしている問題があるならば、その問題と向き合い、働きやすい職場であるのか考えてみましょう。そして、今までの経験を生かして活躍できる環境を手に入れましょう!

 

子持ち看護師,転職,働きやすい科,特別養護老人ホーム

子持ち看護師として働くポイントを見てみる



「子持ち看護師の転職ナビ」TOPに戻る

スポンサーリンク